Markdownエディタ「Classeur」はWordPressの投稿に最適

wordpressに投稿するために便利なエディタはないかな?と探しているうちにたどり着いたエディタが「Classuer」でした。

私がWordPressに投稿するためのエディタとして求めていることはこんな感じ。

  • Markdownで書きたい(やっぱり楽ちん)
  • 複数端末(複数OS)からアクセスして編集したい
  • できればそのままWordpressに投稿したい

これらをすべて叶えてくれるエディタなんてないだろうなぁと思っていたら見つけました。超便利。なのに全然知られてない超マイナー。(メジャーだったらごめんなさい)

「Classuer」とは?

公式HPはこちら
最近流行りのシンプル&シンプル。
ぱっとみよくわからん。
少ない情報を元に調べたところによると、一部界隈に有名なMarkdownエディタの「StackEdit」の後継として同じチームが開発しているそうです。

どんな使い勝手か?

まず、UIはシンプルすぎて所見はとっつきにくいですが、すぐに慣れます。
Classuerのナイスな点はこれ。

  • ノートごとに分けられる
    enter image description here
    evernoteのような感じですね。blog、work、その他など分けられて便利。

  • ノートの中をフォルダ分けできる
    enter image description here
    分類は階層になってないと許せない方におすすめ。

  • プレビューを見ながら書ける
    enter image description here
    Markdownが不安でもすぐにプレビューされるため書き間違いがへりそう。
    便利機能として、ショートカットキーとショートカットボタン(左上)が用意されているのでMarkdownを知らなくても書ける。便利。

  • シンプルだけど多い設定画面.

  • enter image description here
    ざっと紹介するとここだけでこんなに設定が

    • Side Preview
      プレビュー画面の表示/非表示
    • Side Bar
      Markdownのサンプルをサイドに表示
    • Status Bar
      画面一番下にカーソル行と全体文字数などを表示
    • Button Bar
      Markdownのショートカットボタンの表示/非表示
    • Zen Mode
      なぞ
    • Scroll Sync
      スクロールごとに自動保存
  • Googleアカウントでログインして同期できる
    複数端末(複数OS)からアクセスして記事を更新したいですよね。
    残念なことに、google driveなどに同期されたファイルが格納されるわけではないですが。とにかく、複数端末からでも記事の更新ができます。
    ちなみに、対応している端末は

    • Mac OS
    • Browser(chrome)が動くOS
      のため、mac以外は実質ブラウザ上で使用します。
      ↓設定はここから
      enter image description here
  • 投稿連携が逸品
    WordPressやBlogger、GitHub、zendesk(?)への投稿連携ができます。
    この機能のおかげで、投稿記事をMarkdownで書いてそのまま、投稿することができます。めっちゃ便利。
    ↓設定はここから
    enter image description here

WordPressならこうする。WordPressについては、事前にJetPackプラグインの導入とWordPress.orgのユーザー登録が必要です。
enter image description here

  • いろんなフォーマットに出力できる
    Markdownで書いたドキュメントは
    – LaTeX
    – OpenOffice
    – PDF
    – Prich Text Format
    – Word
    で出力らしいです。LaTeXに出力できるのは評価高い。
    enter image description here

利用プランとFreeプランの制限

「Classeur」は月額課金コースがあります。
Freeプランだと、保存できるファイル数が100となる条件がありますが、十分ですね。月額3ドルのPremiumプランであれば、保存できるファイル数の制限はありません。ちなみに、ビジネス用途などのEnterpriseだと一人あたり年間60ドルとのこと。

まとめ

現状、これ以上まとまりが良くてMarkdownエディタとして完成しているものはないんではないでしょうか?有料だと、iA WriterなんかがMarkdownエディタとして使いやすいらしいですが2100円ですし、MacとiOSとAndroidでしか使用できないですから。
おそらくchromebookユーザーにもおすすめ。
ちょっとマイナーなので、もっと広まってほしいですね。
できれば有料プランで課金してあげてほしいです。
当面は「Classeur」を使ってブログ記事を書いてみる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です